コンテンツへスキップ →

Brave(ブレイブ)は無料で使えるウェブブラウザですが、とても便利な機能をいくつも持っています。1つ目は自動で広告やトラッカーをブロックしてくれる機能、そして2つ目は使っているだけで暗号資産BATを獲得する機能です。言い換えればBraveはネットで遊んでいるだけで収入が得られる(かもしれない)ウェブブラウザということです。

Braveの特徴

広告なしで快適にブラウジングできる

Braveを使えばウェブページ内の広告は自動的にブロックされます。広告が表示されなくなるとウェブページの表示速度は早くなり、フィッシング詐欺などの被害に遭う危険性も大幅に下がります。余計な情報が表示されなくなるので画面もスッキリとしてとても見やすくなります。ちなみに削除される広告はポップアップやアフィリエイト広告だけでなくYouTubeの動画広告も含まれていますので、YouTubeをよく使っている人にもおすすめです。

広告の表示を管理するBrave Shields機能は初期設定でONになっていますので、インストールするだけですぐに使えます。設定方法はこちらを御覧ください。

暗号資産BATをもらえる

ブロックした広告に代わってBraveが提供する広告を表示するように設定すると、表示した広告に応じて暗号資産BAT(Basic Attention Token)を獲得することができます。なぜBATを獲得できるのかというと、Braveでは広告主からもらった広告費を広告の閲覧者にも分配しているわけです。個人情報を抜き取って生成されたおすすめ商品へのアフィリエイト広告と、見るだけで報酬がもらえる広告、あなたはどちらの広告を表示させたいですか?

獲得したBATはBraveに備え付けられた仮想通貨ウォレットに保管されるので、お気に入りのサイトに寄付したり、取引所に移動させて換金したりすることができます。Braveからの広告を表示してBATを獲得する機能、Brave Rewardsの設定方法はこちらを御覧ください。

安心して使える

Braveにはサイト接続時の自動HTTPS接続機能、フィッシング詐欺やマルウェア感染の元となるプラグインの無効化機能が標準で備わっているので、いつでも安全にブラウジングを楽しむことができます。

また、Braveで使用している様々な個人情報はネット上ではなく実際に利用している端末に保存されています。もちろん自分の端末同士で情報を共有する際にも暗号化されたデータを利用するので、利用者の情報が他者に流れることはありません。さらに利用者のプライバシー保護をモットーにしたDuckDuckGo検索をデフォルト採用し、IPを秘匿するTor+プライベートウィンドウモードを備えるなど、徹底した個人情報保護ポリシーを持って開発が行われています。

Braveを支える技術

Brave Software

Braveは2015年に設立したBrave Softwareという会社で開発されています。社長はJavascript、Mozillaの開発に携わったBrendan Eich(ブレンダン・アイク)さんで、その経験からBraveの将来性にも大きな期待が寄せられています。2019年には日本でBrave Software Asia株式会社も設立されました。

Chromiumをベースに開発

BraveはオープンソースのウェブブラウザプロジェクトであるChromiumをベースに開発されています。ChromiumはGoogle Chromeのオープンソース版とも言えるもので、Googleブランドが提供する専用機能や自動アップデート、Googleへのフィードバック機能などがないだけでほとんどGoogle Chromeと同じものです。むしろ不要な機能にリソースを使わない分動作は軽く、様々な独自機能を組み込むことができます。

オープンソースでの開発

Braveはオープンソースで開発されているので、個人情保護やセキュリティに関するポリシーが正しく適用されていることをいつでも誰でも自由に確認して、指摘することができます。開発がしっかりと継続されていることを自分の目で見て確認することができるというのも嬉しい点です。

Tor接続を採用

Tor(トーア)は接続経路を匿名化することでIPアドレスがわからないようにする技術です。BraveではTor+プライベートウィンドウ機能を利用することで簡単に自分の接続経路を匿名化することができます。接続経路が複雑化する関係で正常にサイトを開けなかったり動作が遅かったりすることもありますがとても便利で手軽に使える機能です。ちょっと不安なサイトにアクセスする際などに利用してみてください。

より安全なサーチエンジンを採用

Braveに標準採用されているDuckDuckGo(ダックダックゴー)は利用者のプライバシーの保護を第一に作られた、ちょっととぼけた顔のアヒルアイコンがトレードマークの検索エンジンです。DuckDuckGoを使うことで検索履歴等は保存されなくなり検索結果のパーソナライズは行われなくなりますが、自分の検索結果を誰かに知られる心配なく、安心してインターネット検索を行うことができるようになります。

そして現在、よりBraveの機能に特化したサーチエンジン、Brave Searchを開発しています。