コンテンツへスキップ →

タグ: ウォレット認証

Brave Rewardsで獲得できる報酬BATの推定と実際の誤差を調べてみた

Brave Rewardsは広告を表示すればするほど獲得できるBATが増えていく仕組みです。(広告を開く必要はなく、ポップアップが出ればカウントされます。)どれくらい貰えるのかは人によりますが、Brave Rewards(brave://rewards/)を開くと今月の現在の収益(推定)という項目があり、そこで次の月に獲得できるBATの目安を確認することができます📏

送付予定BATと収益(推定)(Windows版)

ところがこの推定収益は実際に獲得できるBATとは一致しません。もちろん減っているということはなく、逆に増えた報酬を獲得することができます。ユーザーに損をさせないBraveの姿勢が嬉しいですね✨

では実際にどれくらい増えた状態で獲得できているのか、今回は実際のデータを元に検証してみます。

日本のBraveクリエイターにチップ送るキャンペーンを開催するよ🚀

2021年9月1日、Brave Software: Japan (日本語)からこのようなツイートが投稿されました。

Braveからの報酬に加えてBrave Japanからチップがもらえる(かもしれない)!Braveユーザー&ファンとしてはテンション上げずにはいられません✨

注意しなければいけないのは、Twitterを通じてチップを受け取るためにはクリエイター登録とウォレット接続をしなければならないということです。Braveのファンとしては日本のBraveコミュニティづくりのためにもぜひこのあたりをサポートしておきたいところ。

ということで、今回はBrave Japanに先行する形でBraveクリエイターに登録した方にBATを配布するキャンペーンを開催することにしました。

Braveクリエイターに登録してコンテンツを収益化しよう💰

Braveを介してBATを獲得する方法は大きく分けて2つあります。1つはBrave Adsを使った広告表示報酬で、もう1つは他のユーザーからのチップ報酬です。Brave Adsからの報酬は何もしなくても蓄積されていきますが、チップに関してはBraveのクリエイター登録を行わないと受け取ることができません。チップ獲得のチャンスを逃さないためにも、報酬を受け取りたい方は早めにクリエイター登録を済ませておきましょう。

Braveでウォレットを認証してBATを効率的に管理しよう👛

ウォレット認証が完了したBrave

ウォレット認証とはBraveと仮想通貨取引所のウォレットを連携させることです。認証が完了するとBATを仮想通貨取引所で管理することができるようになり、BATの管理がとても楽になります。BATを扱うなら絶対にやっておいたほうがいい作業ですので、準備ができ次第ウォレット認証してしまいましょう。

ここではウォレット認証の詳しい紹介とbitFlyerでの履歴の読み方などをご紹介します。

いろいろな方法でBAT🔺を使う

Braveの最も大きく魅力的な特徴の1つがBrave Rewardsを介して無料で獲得できる仮想通貨BAT(Basic Attention Token)の存在です。一度に獲得できる量はそれほど多くはないかもしれませんが、積み重なっていくものを侮ることはできません。しかもBraveでやるべきことはほとんどなく、正直遊んでいるブラウジングしているだけで貯まっていきます。界隈の名言「寝ているだけで朝起きたらお金が増えている」には及ばないものの、なかなかに魅力的なお金の稼ぎ方と言えるのではないでしょうか。

何れにしても、せっかく貯まったBATはいつか何かに使いたいものです。今回は貯まったBATの使い方をご紹介しますので、将来の使いみちを想像して目標を設定してみましょう。